赤ちゃんがいて皮膚科に行けない!

育児中は赤ちゃんを病院に連れていくことはできても、なかなか自分は病院に行けませんよね。

 

もともとアトピーもちの人はもちろん、そうでなくても産後は特に、肌が今まで以上にデリケートになって痒みがひどくなっているママも多いそうです。

 

「皮膚科に行ってちゃんと薬を処方してもらって塗ればすぐに治るのに…!」と思うと、とってももどかしいですよね。

 

 

 

そんな、ママにお勧めなのが「保湿」と「肌の清潔さ」をサポートしてくれる入浴剤を使うことです。しっとりというフレーズで保湿に特化したものはたくさんありますが、汚れを除去する力もあるものを選ぶのが重要です。

 


でも、赤ちゃんも使える入浴剤って意外と少ないですよね。沐浴剤のスキナベーブくらいしか思いつかない方も多いんじゃないでしょうか。

 

 

そんな方にお勧めなのが、アトピーや乾燥に効果的で赤ちゃんも安心して使えるみんなの肌潤風呂という入浴剤です。
毎日ばたばたでお風呂上りにクリームを塗る余裕がない、赤ちゃんの湿疹も気になるというママに人気です。

 


⇒みんなの肌潤風呂

 


私も産後アトピーで皮膚科に行けず困ってました

私はもともと軽いアトピーで、産後冬を迎えて痒くていつの間にかかきむしって結構ひどいことになってしまいました。

 

夫が休みの日に皮膚科に行こうと思っても、1才になったばかりの娘は私が姿を見せなくなると泣くようになってしまって…
5分くらいなら大丈夫なんですが、夫と2人でお留守番なんてできなくて…

 

娘が6か月くらいまでは夫とお留守番して私がぱぱっと買い物に行けたんですけど。

 

 

 

前もらっていた保湿のクリームは少し残っていたのでそれを塗ってごまかしていたんですが、よくならなくてそのクリームもなくなってしまいました。

 

仕方ないので、ニベアの青缶も塗りましたがこれまたダメで…

 

皮膚科でステロイドが入った薬を塗ればちゃちゃっと治るのに、行けなくてもどかしい日々を送っていました。

 

 

そこで思いついたのが、入浴剤で肌をしっとりさせればいいんじゃないかということです。

 

 

赤ちゃんのために産まれて1才になるまでずっとスキナベーブを使っていたんですが、私には効果なし。ちなみに、赤ちゃんの頭、体はベビーソープで洗ってスキナベーブ入りのお風呂につかるというやり方で、スキナベーブは単なる入浴剤として使ってました。

 

赤ちゃんもお風呂でおしりや背中をかいて赤くなっていたので、そんなに効果はなかったみたいです。お風呂あがりやおむつ替えのときもよくおしりを痒そうにかいていました。

 

 

そこで、スキナベーブは辞めて別の入浴剤を使ってみよう!と決意しました。

 

 


赤ちゃんも使える入浴剤が意外となくて、見つけたのがビオレuのうるおいバスミルクです。
スキナベーブより値段も安いし、やったーと思い使いましたがいまいち効果なし…

 

しかもこれが使いにくいんです。キャップに毎回液体の入浴剤を注いでからお風呂に入れるんですが、キャップがべたべたになって…
それを水で洗って蓋にかぶせるのが面倒くさいし不衛生な感じがして。

 

なので私はキャップは使わずに適当な量をそのままちゅーっと湯船に入れてました。失敗してバスタブの上に方に飛んでしまったこともあります。
この点はスキナベーブが使いやすかったなーと思いました。あの蓋はうまいことできてるなーと思いました。

 

 

 

 

これを使うようになって娘の首や背中が赤くなってることも多くなてきたような気もして、うるおいミルクじゃだめだ!他にいいのはないかなーと思っているときに見つけたのがみんなの肌潤風呂です。

 



今の生活について思うこと

私の旦那はだいたい週に3〜4日は夜勤があります。

 

今、一歳になった娘の育児中ですが、初めての育児で慣れないことも多々あり日々奮闘しています。

 

夜勤がなかったらお給料が少なくなってしまうだろうし、大変なのに頑張っている旦那は偉いとは思いながらも、「普通に日勤だけだったらいいのに!」と思ってしまうこともよくあります。